だっこリンの使い方の基本

抱っこの準備は仕様によって異なります。

横抱っこ
横抱っこ

横抱っこ・・・赤ちゃんの全身を包んでゆりかごに入っているような状態で抱っこします。

適応期間:生まれてすぐから生後1か月~首が座る頃まで

 

だっこリンの中で授乳できます。だっこリンは袋が大き目ですので、おくるみごとの抱っこが安定する場合もございます。横抱っこが嫌いな赤ちゃんもいます。

股関節脱臼の予防の観点からおススメしない場合もございます。

初めての育児で抱っこに不慣れなお母さまは、使い始めはゆっくりしていただきますようおススメします。

講習の受講をおススメします。お気軽にご相談くださいませ。

横抱っこの基本 赤ちゃんの足はあぐらをかきます

カンガ(筒)だっこリンの横抱っこ シンプルです!

縦前抱っこ
縦前抱っこ

縦前抱っこ・・・赤ちゃんはお母さまのおなかの上にお座りします。

適応期間:生後1か月~赤ちゃんの頭がお母さまのアゴに当たるまで。

赤ちゃんの足はお母さまの腰骨に乗っかります。

結だっこリンの結び目は前でも後ろでも大丈夫です。結び目の位置によってサポートの加減が変わりますのでいろいろお試しいただき、適宜使い分けてください。

縦前抱っこの基本  

カンガ(筒)だっこリンの縦前抱っこ

前向き抱っこ
前向き抱っこ

前向き抱っこ・・・赤ちゃんはお母さまと同じ方向を向きます。

適応期間:生後3か月~人見知りのころ。

赤ちゃんはだっこリンの中に深くお尻を沈めています。お母さまの心臓の鼓動を感じてピッタリ抱っこしてもらえますので安定します。人見知りのころや反り返りたい時におススメです。

前向き抱っこの基本

腰抱っこ
腰抱っこ

腰抱っこ・・・赤ちゃんはお母さまの腰骨にお座りします。

適応期間:腰が座ったら、体重7キロ以上~だっこリン卒業まで

お互いに具合のよい距離と抱っこ心地になります。

どこへでもお出かけしてくださいませ。

結だっこリンの腰抱っこ 結び目の位置は前でも後ろでもOK!