ご挨拶

2001年撮影 郁吹と
2001年撮影 郁吹と

だっこリンくらぶのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

私たちは、抱っこタスキ『だっこリン』が育児にとても役立った感動を他のお母さまたちにも伝えたくて、2002年にミシン隊を結成し、だっこリンくらぶを立ち上げました。地元長野県を中心に、だっこリン・おんぶリンの使い方の講習を重ねています。子育てを優先して無理をしない活動をしてきましたので、組織としては10年経っても未熟ですが、子育ての経験とだっこリン、おんぶリンを通じた活動の経験は揺るぎないものとなりました。自分のこどもたちは成長し、講習に参加するお母さま達は自分たちと世代がすっかり変わってきていることに戸惑う暇もなく、パワフルに活動しています。

 

2009年より、おんぶリンをお好みの生地で縫製するサービスを開始しました。おんぶリンの可能性が更に広がり、日々学びながら、感動を覚えながらミシンに向かっています。

 

だっこリンとおんぶリンの使い方の講習は、抱っことおんぶの講習としてあらゆる子守帯のご相談を承れるようになりました。各工房での工房講習は随時、子育て支援センターでは定期的なボランティア講習を開催し、お母さま・赤ちゃんから元気とパワーをいただいています。

 

これらの活動はホームページを通じて全国の皆さまに公開しています。お寄せいただくお問い合わせ、ご要望に対応させていただきながら、だっこリン、おんぶリンがまだまだ進化する可能性のあることに驚きながら、自分たちなりに日々研究もしています。

 

だっこリン、おんぶリンを通じてできることを、自分たちでやっていく!ということは、実は贅沢でわがままなことであることも十分承知しておりますが、このスタンスが長く続いた秘訣ではないかと思う次第でございます。次の10年で孫をモデルに活動出来る日も近いことを予感しながらボチボチと取り組んでまいります。今後とも、皆さま方のご支援をお願い申し上げます。

            だっこリンくらぶ 代表 鹿住 知香子